読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIROSHIGOTO

メモとか画材とか走り書き

申し遅れましたが

f:id:hir0hir0shi:20170308165323j:plain

完全に自分の判断ミスと、気合で強行したことが原因で

現在、右手人差し指にほとんど感覚がありません。

 私の部屋は「生活感がなさすぎて困る」とよく人に言われるのですが、

確かにキッチンには何もないし、床にはなにも敷いてないし、

寝室にはベッドしかありません。

収納もなければ食事した形跡もない、電子レンジは大事な手紙置き場になっています。

 

何のために働いてるの?と言われれば

「パソコンと犬を養うため」としか答えません。

 

何かが積み重なっている、物が置いてある、家具がある。

たまにそういうのを一掃したくなるんです。

 

遡ること2017年1月、まさにそんな心境でした。

何か捨てないといけないんだー!って思って、

ずっと捨てようと思っていたカーペットがあるのを思い出しました。

今なら捨てられる気がする。って。

 

住んでいる地域によって様々な捨て方があります。

カーペットは決められたサイズ内に裁断すれば燃えるゴミOKということだったので

ずっと裁断が億劫だったんです。

 

頼りない裁ちばさみで3畳分ほどのカーペットを黙々と切っていました。

確か飲み会で帰ってきてものすごく眠かったんです。

何故かあの時「今すぐやらないと一生捨てない気がする」って思って。

黙々と切りました。

カーペットで寝ようとする犬をどけて切って、繰り返し繰り返し

ようやく切り終えてゴミ袋につめて、翌日の朝捨てました。

 

捨て終えて指に違和感を感じていましたが

カーペットかたかったからなあ程度で特に気にしていませんでした。

 

ですが、その数日後、指がずっとしびれていて

軟弱な指だなあって思ってました。

 

で、ペンを持って字が書けなくなりました。

 

人差し指付け根をはさみで圧迫してしまったそうです。

 

時は過ぎて今、ペンの持ち方も力のかけかたも変えて

圧迫してしまったところを避けることで

問題なく生活しています。

 

人によっては絶望するかもしれませんが

なんとかなるだろう。ってあれこれしていたら慣れてしまいました。

 

時間とともに治る人もいるそうなので

のんびり付き合っていこうと思います。

 

カーペット処分はそれなりの裁断機で切るか、粗大ごみをおすすめします。

広告を非表示にする